トップ

実績・政策

市民のいのちと安全を守り、要求実現の先頭に

消費税増税中止を訴える街頭宣伝 (2013年10月23日)

10月23日夕方、消費税廃止各界連絡会の皆さんと一緒に、消費税増税中止を訴える街頭宣伝活動を行いました。私もマイクを取って増税中止の訴えをしました。

参加された皆さんは、ティッシュにビラをはさんで配布していきます。短時間で用意したビラ入りティッシュがなくなり、関心の高さがうかがえます。

倉林参院議員と「国会報告街頭宣伝」(2013年10月20日)

10月20日午後4時から山科駅前で、倉林明子参院議員を招いての「国会報告街頭宣伝」を行い、私が司会を務めました。

最初に、山科民商会長の宮村さんが「営業を破壊する消費税増税に国民の力を合わせて中止の運動を起こそう。参院選で躍進した日本共産党に期待しています」と激励のごあいさつ。

倉林明子参院議員は、「経済産業委員会の理事になり、閉会中の委員会を開かせて汚染水問題を追及しました。消費税増税ストップに力を合わせましょう。国民の知る権利を奪う秘密保護法案を国会上程させないためがんばります」と元気に報告されました。久しぶりの倉林節に大きな拍手です。

総勢65名で福島支援のボランティア活動に参加
(2013年4月2日〜4日)

●福島支援(1日目)

4月2日から4日まで、京都市会議員団、府会議員団や各地域からの有志ボランティアの総勢65名で、東日本大震災から2年目の福島の現地ボランティアに参加しました。

早朝5時に京都を出発。12時間かけて夕方5時に現地ボランティアセンターに着きました。そして、翌日から被災者に配布する米や水を仕分けし、ボランティアセンターで雑魚寝状態の就寝です。

●福島支援(2日目)

朝から暴風雨警報が発令され、雨が激しく降るなか、5つのグループに分かれて、仮設住宅や借り上げ住宅を訪問しました。訪問先では、「よく来てくれた。ありがとうございます。原発の再稼働はダメです」など、感謝の言葉が寄せられました。

午後は、浪江町の現地視察を行いました。田畑の中の漁船・折れた電柱・耕作のできない田畑など、震災から復興というには程遠い事態に、政府への怒りが沸きました。

夜は、自治会長さんを交えての懇談会。ご苦労されている皆さんに大きな拍手を送りました。

●福島支援(3日目)

朝5時半ごろに起床。6時過ぎから全員で後片付けや清掃を行い、7時に各地区・地域の車に分かれて現地出発。前日は大変な雨と風でしたが、この日は打って変わってよい天気となり、気持ちよく帰途につくことができました。

写真は、仮設住宅の集会所です。仮設住宅にお住まいの皆さんの不安感は筆舌に尽くしがたいものがあり、今こそ、政治の力で復興に向けての生活と生業、環境改善などに向けた全面的な支援活動が必要だと痛感させられました。

●石巻市で仮設住宅を訪問(2012年8月3日)

2012年8月には、議員団の他都市調査で石巻市の仮設住宅2ヵ所を訪問。仮設住宅の実態を見せていただき、さまざまなご要望もお聞きしました。

「復興住宅に移るのはいつになるのか」「下水道や道路整備など工事がなかなか進まず見通しが立たない」「京都からわざわざ来ていただき、私たちの話を聞いていただいてうれしいです」など、元気で前向きのお話や要望をお聞きすることができました。

このページのトップへ