安心してくらせる山科を

北山ただお 日本共産党 京都市会議員

最終更新日:2017年5月28日

活動日誌

2017年05月28日

■健康まつり  京商連総会  京都市査閲


 山科健康友の会・大宅診療所・総合ケアステーションが主催される「山科健康祭り」が、大宅家診療所一帯で開催されました。10時からの開会ですが、私は他の行事もありますので、少し早めに会場に行って、準備をされている職員や役員の皆さんにご挨拶してきました。お天気も良く、涼しい風も吹く絶好のまつり日和です。皆さん、お疲れ様です。


 午前は、京都府商工団体連合会(民商)の「第56回定期総会」に来賓として出席しました。中小企業会館の二階大ホールがいっぱいのなる代議員などの参加があり、久保田会長は「森友学園や加計学園問題のような汚れた政治を変えて、安心して商売のできる政治にしたい」と主催者ご挨拶され、続いて京都総評の梶川憲議長が来賓あいさつに立たれ、「私の名前は憲法の憲です。安倍政権の憲法改悪を許さず、平和とくらしを守って一緒にたたかいましょう。」と力強く述べられました。
 日本共産党を代表して、倉林明子参院議員がご挨拶です。


 午後は、京都市消防団総合査閲が京都市消防活動センター・消防学校で開催されました。11行政区から代表の分団が受閲され、山科区からは、私の地元勧修消防分団が代表です。
 査閲は通常点検と消防訓練とに分かれて競われました。どの分団の方も練習を積み重ねてこられていて、優劣つけがたい内容でしたが、1位から5位までが入賞です。残念ながら、現時点では入賞された分団はわかりません。明日お知らせいたします。


訪問者累計(2003年4月23日以降)/本日の訪問者

九州地方地震救援募金にご協力ください【郵便振替口座】00170-9-140321 【加入者名】日本共産党 災害 募金係※通信欄に「九州地震募金」と記してください。