トップ

活動日誌

2018年04月23日(月)

■活動報告  マルクス生誕200年

No.4024


 今日は素晴らしいお天気で、気持ちの良い一日でした。残念ながら、明日から明後日にかけては雨が降るようです。

 私の「活動報告」4月号をつくりました。
 トップは、3月20日の予算市会最終日に、日本共産党議員団を代表して「京都市予算の組替案」を提出して本会議で提案説明を行ったことです。
 (写真)


●マルクス生誕200周年(しんぶん赤旗)
  志位委員長 講演で強調
  理論家・革命家の両面に光が
  新しい市民運動の発展と響きあう

 22日に開かれた「日本共産党と大学人のつどい」(主催=全国学者・研究者党後援会)の記念講演で、志位和夫委員長は、「マルクス生誕200周年を迎えた今年、世界でマルクスへの注目が高まっている」とのべ、「世界や日本でわき起こっている新しい市民運動に参加しつつある広範な人々にもマルクスが響きあい、共感をもって受け入れられる条件が広がっているのではないか」と強調しました。
*全文は、しんぶん赤旗でご覧kぅダサい。



このページのトップへ


2018年04月22日(日)

■体振行事  春季例祭  山科デモ

No.4023


 朝一番は、山階南学区体育振興会主催の「区民グランドゴルフ大会」に参加してご挨拶を行い、続いて山階学区体育振興会主催の「ソフトボール大会」に参加してご挨拶しました。いずれも、新年度最初の体振行事です。


●午前10時、山科神社春季例祭が執り行われ、私は町内会長として出席しました。ご案内の文書では、「春季例祭は、今年の五穀豊穣を祈念し、地域の安寧をねがう祭礼」とあります。神を人事る者も信じない者も、趣旨には賛同できますね。


●夕方、「次世代も住める街へ〜安倍9条改憲NO!やましな」が呼びかけた「9条改憲NO!安倍辞めろ!山科デモ」が行われ、山科駅前のラクト公園から外環新十条通までのデモ行進を行いました。
「偽造、ねつ造、安倍晋三!」「安倍は辞めろ」「改憲許すな」「守ろう憲法9条」「公文書改ざんは許さないぞ」などを唱和して歩きました。
 沿道から手を振っていく方や、車の中から「そうだ!あべやめろ!」と叫んでいく方もありました。


このページのトップへ


2018年04月21日(土)

■土曜塾  町内会  地域訪問  自治連懇親会

No.4022


 私の地元の勧修小学校の土曜塾があり、今月はどっしボール大会でした。
 小学校の体育館は、耐震工事で今年いっぱい改修工事がされるため、今日の行事で体育館使用は終了です。ピアノやマットなど備品は整理されており、後は工事を待つだけの現状です。


●お昼をはさんで、町内会のお花見がありました。お花見といっても、桜は早く散ってしまいましたので、集会所でお弁当をいただきながら懇親を深めました。気候の変動が激しいこの頃ですから、お花見といっても日時を設定するのがむつかしいですね。「又来年も元気でお会いしましょう」とご挨拶しました。


●午後、夏日となって汗の出る中でしたが、党地域支部の方といっしょに訪問活動を行いました。過日行われた京都府知事選挙でのご支援に感謝しながら、安倍政権のひどい政治を早く変えよう、と訴え、日本共産党へのご支援をお願いしました。「知事選挙はよく頑張りましたね」「惜しかったですね。これからも応援します」「安倍さんとどうなっているのですか、早く辞めさせたいですね」などの声が賭せられました。


●夕方、大塚学区自治連合会と大塚社会福祉協議会の「合同総会」が開催され、来賓の紹介を受けました。私の息子と同い年という町内会長さんがおられて、思わず「頑張ってください」と握手して激励しました。

このページのトップへ


2018年04月20日(金)

■朝の街頭宣伝   いつでも元気

No.4021


 今朝は山科駅前で定例の朝の街頭宣伝を行いました。
 私は、財務事務次官によるセクハラ問題、人権を踏みにじる財務省の対応、事務次官の事実上の更迭は当然だが任命した麻生大臣と安倍首相の責任は重大であり、直ちに内閣総辞職すべきであることなどを報告しました。
 お天気も良く、青空が広がって気持ちの良い朝の宣伝です。


◎あなたと民医蓮をつなぐ月刊誌「いつでも元気」が届きました。
 今月号の特集は、「守りたい9条・改憲阻止へ 私たちは声をあげる」です。東京新聞記者の望月衣朔子さんと太田病院看護師の宮脇さおりさんとの対談、点字署名で”改憲NO”を広げる「全日本視覚障碍者協議会」の田中章治代表理事、青森県弘前市の薬局が議路ゲル署名活動、大阪きづがわ医療福祉生協の挑戦、等見ごたえいっぱいの記事です。


このページのトップへ


2018年04月19日(木)

■4月議会   財務次官辞任

No.4020


 4月市会が告示され、本日提案予定の議案が届きました。市長の専決議案です。担当局からの説明を聞きました。
 4月市会は来週の24日に開会され、会期は来年3月までの通年議会が始まります。


◎「しんぶん赤旗」19日付
次官辞任で疑惑にふた 許されない
  人権無視の麻生財務相も責任重大

 週刊誌で女性記者へのセクハラ疑惑が報じられていた財務省の福田淳一事務次官が18日、辞意を表明しました。しかし、「事実と異なる」と週刊誌報道は否定したまま、「職責を果たせない」ことを理由にしただけでした。福田氏をかばったうえ、セクハラ疑惑対応で批判を招いた麻生太郎財務相の責任はまぬかれません。

 この問題をめぐって、財務省は16日、福田事務次官がセクハラ疑惑を否定した「聴取結果」と、被害者が財務省の顧問弁護士に名乗り出るよう求めた文書を発表しました。17日には麻生財務相が「本人が出てこなければどうしようもない」と被害記者が名乗り出なければセクハラは認定できないとの暴言まで吐きました。

 こうした財務省の対応は、セクハラ被害で最も重視するべき被害者の人権、二次被害の保護から逸脱していると強い批判を招いてきました。

 被害者が名乗り出なければセクハラを認めないとする姿勢は、人権無視そのものだからです。
*全文は、しんぶん赤旗」でお読みください。



このページのトップへ