トップ

活動日誌

2017年04月27日(木)

■議員団会議  団声明  ヒバクシャ署名

No.3666


 今日の午後、定例の議員団会議が開かれました。 
 課題も多く、議論百出の状況もあり夕方まで続きました。 


◎山本幸三担当大臣が、25日の衆院地方創生委員会で、「(学芸員は)観光マインドは全くない。一掃しないといけない」などと発言し、二条城についても「過去、全く英語の表記がなかった」などと事実誤認の発言をおこなったことについて、日本共産党京都市会議員団は、4月27日、「山本幸三地方創生担当大臣の暴言に抗議し、本市の文化行政の充実を求める」との「声明」を発表しました。

 日本共産党議員団が発表した「声明」の全文は、党市会議員団のホームページをご覧ください。


◎「ヒバクシャ国際署名ぜひ」(しんぶん赤旗)
  長崎県知事呼びかけ


(写真)「ヒバクシャ国際署名」を呼びかける中村知事(右から2人目)ら=26日、長崎市


 「『ヒバクシャ国際署名』をすすめる長崎県民の会」(県民の会)は26日、長崎市で署名行動をしました。県民の会代表賛同人の中村法道知事が初めて参加し、「核兵器廃絶に向けた国際署名にご協力をお願いします」と訴えました。

 アーケード街に横断幕を広げて、中村知事をはじめ、被爆者団体、事務局団体の代表が「県民50万、世界中の人びとの署名を国連に提出したい」と呼びかけました。うたごえ協議会の人たちが署名推進のために作曲された歌を歌いました。
(詳しくは、しんぶん赤旗でご覧ください)


このページのトップへ


2017年04月26日(水)

■市会委員会  今村復興相更迭  沖縄基地建設反対

No.3665


 今年度最初の京都市会・産業交通水道委員会が開会されました。前年度までは「交通水道消防委員会」でしたが、消防局が総務消防委員会に移り、産業観光局がこちらの委員会担当となり表記の委員会となり、私は副委員長を務めます。共産党議員団からは、山中渡団長と平井良人議員がメンバーです。

 年度最初ですから、交通局、上下水道局、産業観光局の部長級以上の理事者の紹介があり、続いて事務事業概要についての説明がされました。交通局からは2件、産観局から1件の報告事項があり、その後に一般質疑が行われ、すべてが終了したのは夕方6時30分です。

 私は交通局に対して、予算委員会で示された市バス「一日乗車券カード」の値上げを検討する懇話会設置について質しました。交通局は、元々値上げありきの中での懇話会設置ですから、私は「値上げを前提としての懇話会では市民の意見を聞くことにはならない。中止すべきだ」と指摘しましたが、理事者は、「方向性は変わらない」との一点張りです。
 「一日乗車券カード」は均一区間の中ではワンコイン500円で乗り放題となる企画券で、多くの市民や観光客の皆さんに利用されています。値上反対の世論と運動を早急に広げていきましょう。


○大震災を「東北でよかった」と暴言を吐いた今村復興相が更迭されました。報道では一応辞任ですが、更迭です。朝日新聞夕刊の見出しも「更迭」と報じています。
 日本共産党のこくた恵二国対委員著は「辞任は当然」「安倍首相の任命責任を追及する」と明快な態度です。


○工事着手抗議 新基地建設中止・撤回を(しんぶん赤旗)
  衆院安保委 赤嶺氏が主張

(写真)質問する赤嶺政賢議員=25日、衆院安保委


 日本共産党の赤嶺政賢議員は25日の衆院安全保障委員会で、同日午前に沖縄防衛局が県民多数の反対を押し切り、名護市辺野古への米軍新基地建設の本格的な海上工事に着手したことについて、「断じて容認できない」と抗議し、「新基地建設はただちに中止・撤回し、普天間基地を閉鎖・撤去せよ」と求めました。

 赤嶺氏は、地元紙の同日付世論調査でも、新基地建設「反対」が61%と「賛成」の23%を大幅に上回っていることを紹介。本格的な埋め立て工事を始めようとする安倍政権の姿勢を「妥当でない」は65%(「妥当だ」23%)に達していると強調しました。


このページのトップへ


2017年04月25日(火)

■朝の宣伝  市会本会議  志を守る会  

No.3664


 今朝は山科総合庁舎前(地下鉄椥辻駅前)で街頭宣伝です。お天気も良く、気温もまあまあで、気持ちの良い中で訴えることができました。
 共謀罪の危険な内容を中心にして訴えました。


 午前10時から京都市会本会議が開かれました。
 京都市会は「通年議会制」を採用していますから、議長は諸般の報告の後、会期を翻字タウから来年3月23日までの333日間を宣告して了承しました。今日の本会議はこの会期の決定だけでお開きです。閉会後、3つの常任委員会が開かれました。私の所属する「産業交通水道委員会」は明日開催されます。
 

 夕方、市民の足を守る連絡会がありました。開会後あいさつに立たれた中嶋代表は、「今年で20周年を迎えます。その歴史を踏まえて運動前進に頑張りましょう」と述べられ、続いて私が市会報告を行いました。
 最初に、敬老乗車証を守ろう市民連絡会の事務局長さんから、敬老証の改悪を許さない運動に共同して戦いたいとの報告がありました。
 参加された地域の代表の皆さんから、バス停のベンチや上屋の設置した経験、路線の拡充を求める活動、などの活動について報告がされました。

 「市民の足を守る連絡会」は今年で発足20周年を迎えますので、9月9日(土)に記念シンポジウムを開催します。その準備についても意見交換しました。

このページのトップへ


2017年04月24日(月)

■申し入れ  

No.3663


 京都市は、2月市会で、「市バス・京都バス一日乗車券カード」(一日乗車券カード)の値上げ検討を表明。値上げを検討する「懇話会」を4月中にも立ち上げ、8月にも結論を出して、年内にも実施したいとしています。
 日本共産党市会議員団は本日、市民に負担をおしつける「一日乗車券カード」の値上げ検討を撤回し、いっそうの利用者サービスの向上に強めるよう、京都市に申し入れました。

 この申し入れに、市会議員団から、北山ただお副団長、平井良人議員、ほり信子議員、河合ようこ議員、西村よしみ議員が参加し、交通局の宮田営業推進室長が応対しました。

  市会議員団が行った「申し入れ」の全文は、党市会議員団のホームページでご覧ください。

このページのトップへ


2017年04月23日(日)

■グランドゴルフ  山科神社大祭  案内活動  北ミサイルに抗議

No.3662


 朝は、山階南学区体育振興会主催の「グランドゴルフ大会」に来賓出席しました。開会式、準備体操の後来賓メンバーによる始球式が行われ、私はあらぬ方向に球が走り恥かしいことでした。
 

 午前10時から、「山科神社御鎮座1120年式年大祭」が神社本殿で開催され、私は町内会長及び市会議員として参加しました。式年大祭実行委員の皆さん、山科神社総代会、神輿会、関係町内会などたくさんの方の参加があり、日本晴れの下で盛大に執り行われました。


 午後は、党地域支部の皆さんとご一緒に、5月7日の行う「日本共産党を語るつどい」のご案内を行いました。私はハンドマイクでご案内し、チッキの皆さんが訪問してのご案内です。


(しんぶん赤旗)より
◎北ミサイル「強く非難」
  国連安保理が声明 


 【ワシントン=池田晋】国連安全保障理事会は20日、北朝鮮による16日の弾道ミサイル発射を「強く非難」する報道機関向け声明を発表しました。発表には全15理事国の賛成が必要で、米ロが文言をめぐって対立していましたが、修正案で一転して合意に至りました。
 声明は、これまでの安保理決議に違反するミサイル発射に「最大限の懸念」を示すとともに、さらなる違反行為をただちに停止し、核実験についても実施しないよう要求。状況を注視し、「制裁を含むさらなる重大措置」を取ることを警告しています。
 米国が当初提示した案には、過去の声明にあった「対話を通じて」問題を解決するとの文言がなく、ロシアはこの文言を入れるよう主張。米国が受け入れる形で合意に至りました。


このページのトップへ