トップ

活動日誌

2018年06月22日(金)

■門前宣伝   産業交通水道委員会

No.4085

 今日は金曜日ですから、普段は山科駅前で街頭宣伝を行うのですが、党地区委員会は「経営門前宣伝」に取り組みましたので、私は自宅のご近所にある企業の門前で行いました。
 ビラを受け取っていく方が多くうれしいです。通りかかった車から手を振っていく方や、自転車に乗っている方からご挨拶をされるなど、反応の良い宣伝活動です。

 宣伝が終わった時、おばあさんが「デーサービスに行くのに道がわからなくなった」と途方に暮れておられましたので、私が車で送っていきました。施設の方でも、迎えに言ったらもういなくなっていたので探していたところ、とのことでしたから、みんなで大喜びです。


○午前10時から、京都市会産業交通水道常任委員会が開かれました。共産党委員は、平井副委員長、山中医院、西村委員、私の4人です。

 最初に上下水道局から、18日発生した大阪北部地震での被害状況について報告があり、続いて交通局からも被害状況の報告があり、それぞれ質疑が行われました。

 交通局からは、今後10年間の経営方針を示す「 新たな経営ビジョンの骨子案」が示されました。
私が行った質疑の耐用です。

○経営ビジョンについての、市会での議論が不足している。少なくとももう一回委員会審議を行って、課題や方向性について議論を行い、パブコメはもう少し遅らせることはできないのか。

○委員長においての判断はどうか。制服では勝ってほしい。

・混雑対策が強調されており、旅客流動調査や満足度調査の必要性が求められているが、局の対応はどうか。実施する計画は。

・乗客増を図って経営改善の基本は当然のこと。乗客が10年間は減ることはない、という見通しを述べているがその根拠はどうか。増える場合と減る場合の試算はされているのか。

・公共交通事業の単価はさほど高くない、との発言がみられる。市バスも地下鉄も日本一高い運賃であり、批判の声もある。乗客増のために、黒字を活用して運賃の値下げを行うことを我が党は求めてきたが、「単価」=「運賃」についての認識は如何か。

・サービス向上の観点から、敬老乗車証について、「交通局が保健福祉局に対して、少しでも、長く、現行の制度が維持されるよう働きかけてほしい」との発言がある。どのように対応されるのか。

・敬老乗車証は「市民の宝」と喜ばれており、委員の発言でもその意思が示されている。制度が後退しないように認識して働きかけることを求める。

・烏丸線の可動式ホームの全駅設置が求められる。「新たに100億円の財源が必要」と敬遠するような答弁がされている印象を受けるが、全駅設置の計画はこのビジョンで示されるのか。国に対しての補助制度要望をかねてから求めてきた。「特段の努力をする」といつも答弁されてきたが、委員会での決意が示されていない。国に対する市政をもっと明確にすべきではないか。
・マイカーの抑制やP&Rの取り組みが求められている。流入抑制の姿勢を、「歩くまち」と連携して取り組むべきだが、その決意はどうか。


○健全化団体脱却で地下鉄健全化債が今年度でなくなることになっている。私は予算市会でも、1千億円もの資金不足になることについて質した。今回の資料では800億円程度となっているがそれでも膨大な資金不足である。つまり、国の補助制度がなくなれば事実上事業が破たんすることを示している。
その認識が弱い。国への制度改善は喫緊の課題だ。市の予算要求にも示されている。次年度の予算編成が始まっており、地下鉄事業に対する要望をしっかりと取り組むことの決意を。

○このビジョンでは相変わらず「任意補助に頼らない」と述べているが、片方では資金不足が深刻なのに、任意補助に頼らないではつじつまの合わない方針である。方針転換をして、しっかりと任意補助を求めていかないと、結局は市民負担につながるではないのか。

*理事者は、国に対する予算要求や制度改善については、あらゆる機会を通じて求めていくこと、乗客サービスの向上や経営改善に努めていく努力についての表明がありました。しかし、国への要望では腰が引けている印象が否めません。

*私の質問の内容を少し長く引用して恐縮ですが、皆さんのご意見もお寄せください。尚、答弁の大要は後日、党市会議員団のHPでお知らせいたします。


このページのトップへ


2018年06月21日(木)

■平和大行進   緊急申入れ

No.4084


 2018年原水爆禁止世界大会成功に向けての「国民平和大行進」(東京〜広島)が京都入りしました。お昼の12時半、山科駅前のラクト公園では、滋賀県の行進団から京都行進団への引継ぎ式が行われ、実行委員会代表や通し行進者、被爆者代表の方などからご挨拶と平和大行進の成功に向けての決意が訴えられました。連帯のご挨拶として、日本共産党から井坂博文党市会議員団団長代理が、核廃絶に向けての決意や、自らも被爆二世としても奮闘する旨の訴えがされました。

 昨日の雨からは一転して好天となり、ラクト公園を出発した平和大行進は、三条通りを西進し、東山区の東大路通りを南下、四条通を西進し、河原町を北上して京都市役所まで歩きました。
 途中で、歩いている人から手を振っての激励や、マンションの窓から子どもさんが手を振っていただいたり、外人観光客の方が写真を撮りながら手を振るなど激励が相次ぎました。たっぷりと汗をかきましたが、核廃絶への確信を深めてくれた行進でした。

 参加された皆さん、お手伝いいただいた皆さん、激励していただいた皆さん、ありがとうございました。平和大行進は8月6日まで続きますから、ぜひ応援をお願いいたします。

●党市会議員団HPより

 6月21日、日本共産党京都市会議員団は、大阪府北部を震源地とするマグニチュード6.1の地震による被害について、市長・市当局に対し、緊急の申し入れを行いました。

 今回の地震については、専門家から1週間程度をめどに同程度の余震が起こる可能性が指摘されているなか、市長・副市長(防災危機管理担当)がフランス・パリ市との友情盟約締結60周年式典のために、危機管理の現場を離れたことについては、極めて重大な問題であることを指摘。その上で、被害状況の全体把握やブロック塀の調査・点検、小中学校始業前の災害時の対応のあり方の検討、通学路の安全確認、被災者支援制度や住宅再建支援制度の周知、高浜原発、大飯原発の稼働中止などを求めました。

申し入れの本文は、党市会議員団のHPをご覧ください。


このページのトップへ


2018年06月20日(水)

■対策本部    町内会

No.4083

 女児死亡の塀 点検なし(しんぶん赤旗)

   大阪北部地震 共産党が現地調査


(写真)現地で調査する(左から)山下、辰巳、宮原の各議員=19日、大阪府高槻市

 5人が犠牲となった大阪北部を中心とした地震。高槻市の市立寿栄(じゅえい)小学校では外周のブロック塀の下敷きになって、4年生の三宅璃奈(りな)さん(9)が死亡しました。日本共産党地震対策本部長の山下芳生副委員長・参院議員らは18、19両日現場を調査し「二度とこのようなことがあってはならない」と話しました。
(詳しくは、しんぶん赤旗でご覧ください)


●夕方、町内会班長会議を開きました。
 前回の役員会以降の取り組みについて報告した後、本題の「町内地蔵盆」の実施内容について協議しました。子ども達にどのような企画をするか、一番頭をひねるところです。
 皆さんのご町内(自治会)では、どのような取り組みをされているでしょうか。

このページのトップへ


2018年06月19日(火)

■朝の街宣   東山ウオッチング   戦争法廃止行動   国会会期延長

No.4082


 今朝は、山科総合庁舎前(地下鉄椥辻駅前)で、朝の街頭宣伝を行いました。昨日の朝発生した大阪北部地震について、私は亡くなられた方にお悔やみを述べ、多くの被害を受けられた皆さんにお見舞いを申し上げ、日本共産党は直ちに山下芳生党副委員長を責任者とする地震対策本部を立ち上げ、現地での調査や対策に当たっていることを報告しました。
 更に、明日20日で閉会する国会、自民公明政権は、カジノ法や「働き方改革」一括法などの悪法を強行するために会期延長を狙っていますが、日本共産党は「認められない」との立場で奮闘していることも報告しました。


●悪法強行のための会期延長「言語道断で認められない」(しんぶん赤旗)

   小池書記局長が批判


 日本共産党の小池晃書記局長は18日の国会内での記者会見で、安倍政権が今国会会期(20日まで)を延長しようとしていることについて、「言語道断だ。カジノ実施法案、『働かせ方大改悪』法案を強行するために、政府の都合で勝手に土俵を広げるものであり、断じて認められない」と強く批判し、「他の野党とも足並みをそろえて断固たたかう」と表明しました。
(詳しくは、しんぶん赤旗でご覧ください)


●午後、東山区の党地域支部の皆さんといっしょに、地域のウオッチングを行いました。
 斜面に草木が生えていますが危険性はないのか。自宅に入るのに斜面道路となっているので手すり設置ができないか、道路に覆いかぶさるような立木があり伐採できないか、夜間薄暗いので街灯がつかないか、地元の小学校の塀が不安などの現場を見ました。地元の皆さんといっしょに、どのような解決ができるのか取り組んでいきます。


●19日は、戦争法(安保法制)が強行された日であり、国会前や全国で連帯する宣伝行動やデモが行われています。
 午後6時半、雨が降り出す中ですが、京都市役所前でも取り組まれ、私も参加して四条河原町までデモ行進しました。
「安倍内閣は総辞職!」「戦争法は今すぐ廃止!」「安倍は辞めろ!」「麻生も辞めろ!」「憲法改悪反対!」などを唱和しました。参加者は350人との発表です。




このページのトップへ


2018年06月18日(月)

■大阪北地震   

No.4081

 
 今朝7時58分ごろ発生した、突然の地震にびっくりしました。我が家は大したこともありませんが、テレビをつけると、大阪北方面での被害が大きくあります。京都市行財政局危機管理室からの情報が入り、京都市内でも水道管の濁り水発生や第一市場の天井が一部はく奪するなどの被害が報じられています。
 交通機関も運転を見合わせ、午後前後から少しづつ回復していますが、山科を走る新幹線を見ると、ゆっくり走り、時には停止するなどダイヤの乱れを実感します。
 特に、小学生の死亡は痛ましくてなりません。心からご冥福をお祈りいたします。被害にあわれた皆さんに、お見舞い申し上げます。



●党国会議員のFBより。

 大阪北部の地震について、共産党の対策本部を設置しました。
本部長・山下芳生副委員長、参議院議員
副本部長・穀田恵二衆議院議員
同・たつみコータロー参議院議員
事務局長・宮本岳志衆議院議員
情報収集につとめ、宮本事務局長が現地に向かいます。

このページのトップへ