北山ただお 日本共産党 京都市会議員

最終更新日:2016年6月27日

活動日誌

2016年06月26日

■メガホン宣伝  つどい  志位和夫委員長街頭演説

 朝は、党地域支部の皆さんといっしょにスーパー前でメガホン宣伝を行いました。選挙法の改悪によって、宣伝カーなどの拡声器が使用できないため、肉声による宣伝しかできません。
 私が日本共産党と大河原としたか候補の支援を訴えていますと、自転車に乗った方2人が、「頑張れよー」とハイタッチしていかれました。反応はいいですね。


 午後は、東山診療所に階で「東山 つどい」が開かれ、私は選挙情勢や消費税問題、戦争法廃止に向けての取り組みなどについて報告しました。
参加された方からは、自衛隊問題、イギリスのEU離脱、消費税、年金積立金についてなどの質問がありました。私がお答えし、根本的解決のためにも日本共産党の勝利が必要であることを訴えました。たくさんの方が参加され、選挙の雰囲気が上がっています。


 夕方5時、京都駅前で、日本共産党の志位和夫委員長を迎えての街頭演説が行われました。倉林参院議員が司会を務め、最初に「戦争法反対ママの会」で活動する武山市議が訴えられ、辻て大河原としたか京都選挙区候補が決意を語られました。次に、比例候補の市田忠義副委員長・参院議員は日本共産党への攻撃を反撃し「戦争反対、反戦平和を貫いて94年、清潔な日本共産党をぜひ躍進させてください」と訴えました。
 志位和夫委員長は約40分にわたって、選挙の現局面の特徴や、日本共産党の政策などについて詳しくお話しされ、「この京都で、なんとしても躍進を」と熱っぽく訴えられました。
 


訪問者累計(2003年4月23日以降)/本日の訪問者

九州地方地震救援募金にご協力ください【郵便振替口座】00170-9-140321 【加入者名】日本共産党 災害 募金係※通信欄に「九州地震募金」と記してください。